« トレランin吾野 | トップページ | ランニングゥ~5 »

2009年11月14日 (土)

食べ物が人生を変える

自然食・自然療法研究家 東城百合子先生の講演会に行ってまいりました。

ご自身が肺結核を患い、玄米菜食で克服された経験をもとに、あなたと健康社を設立し、食養生についての月刊誌・出版、講演活動・料理教室など、精力的に行われております。以前から興味があったものの、なかなか参加することができずにいたのですが、先生が現役のうちにぜひ、と思っていたら叶いました。84歳にして「今が一番健康で元気」とおっしゃる先生は、とても早口で語り口がきっぱりとしていらっしゃいました。

食べ物の栄養素をいただくのではなく、いのちをいただくのだということ、郷土の食材をいただくことで、郷土が大好きになること、食事の作法やお天道様のお話には理由があり、これを受け継いでいくことに使命を感じていることなど、とても心にすとんと収まりました。私も実践していきたいと思います。Sa3e0160 

講演のもうひとつは、筑波大学名誉教授の村上和雄氏による、笑いでどの遺伝子がオンになるか、という研究を吉本興業と組んで行っているというお話は、ユーモア交じりで意外でした。笑いの重要性は私も感じているところでしたが、それを科学して、血糖値が下がる・副作用が無く・安上がりで・明るくなると発表しているのです。予習のために読んだ本は、高血圧に関係する酵素の研究で世界的権威とあったので、他の著書も読んでみようと思いました。

|

« トレランin吾野 | トップページ | ランニングゥ~5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トレランin吾野 | トップページ | ランニングゥ~5 »