2017年4月16日 (日)

新しい環境で

陽気が良くなりました。

北本での生活も早1カ月となりました。息子は無事入学し、3日目の発熱のあと、なんとか踏ん張っています。例年環境が変わる4月はずっと体調が悪いのですが、今年は引っ越し、入学にも耐え、成長を見せてくれています。そこで私も奮闘しています。20分ラン、操体法、ストレッチ、腹式呼吸、半断食、鍼灸を欠かさないおかげかと思います。でも、精神面では友達と話さないからか、夫と衝突したり、イライラしてしまいました。やはり転居は人生3大ストレスなのだと身にしみました。

比較するのではなく、こういうものだと現状を受け入れること、これですね。

| | コメント (0)

2014年5月 8日 (木)

近畿遠征

今年の子連れ連休旅行は、伯父の住む兵庫県に、祖母の墓参りと、こちらで見られない電車を観に行きました。そんなに電車が好きなら新幹線で、と思いますが、乗ってしまうと子供は1時間ももたないで飽きてしまうので、飛行機で伊丹まで行きました。

初日は京都にある梅小路蒸気機関車館へ。JRの新快速は、福知山線の脱線事故を受け(現場も生々しく残っていました!)頑丈な車体になったとのことで、こちらでは見られない車両でした。現地はまさに蒸気機関車の宝庫で、好きな人にはたまらない光景だと思います。実車に乗れる長蛇の列には目もくれず、子供は大きな汽笛に完全にブルーになり、「帰りたい」を連発。HOゲージの運転や、プラレールがある子供の広場で遊んで早々に退散いたしました。

翌日は、新大阪の新幹線乗り場に行き、こちらでは見られない山陽新幹線さくらと写真をとりました。長い停車時間があったので、車内を探検、普通車でもゆったり2列のシートで、テーブルやひじ掛け等に木が使われていました。700系レールスターは夜のみ、500系こだまは朝夕のみの運行ということで、見られなくて残念でした。大阪駅で特急サンダーバード、寝台列車トワイライトエクスプレスが見られたのはラッキーでした。帰りは私鉄の阪急電車に乗りました。あずき色のクラシックな外観が素敵な電車が気にいって、プラレール阪急電車9000系を買ってしまいました。

食の面では、大阪でたこやきと、パナソニックが自社製品の家電を使っている自然派カフェで頂いたお食事とデザートがおいしかったです。

子供の乗物に対する情熱は冷めることなく、続いていきます。

| | コメント (0)

2013年12月31日 (火)

ゆく年

本年もたくさんの素敵な患者さんとの出会いに感謝したいと思います。

治療面で振り返りますと、私はこうなってほしいという思いが、こうさせたいと強く出すぎた時、うまくいかなかったかな、と反省しております。気持ちの面は、言葉以外にも伝わっていくものだからです。治療家として、患者さん本位にできることは、精いっぱいやるけれども、その後の結果は、患者さん次第なのです。私は自身の健康管理と、精神を平和に保ち、丁寧な治療ができるよう、技術研さんにつとめていく所存です。

新しい年がたくさんの気づきと喜びにあふれたものでありますように。

自身、自我と欲求の定まってきた3歳児との日々精神修養がまっております。

| | コメント (0)

2013年9月23日 (月)

子猫産まれる

治療室の玄関先に、よく野良猫たちが日向ぼっこしています。以前も書きましたが、隣の家が餌を与えているので、家族で居座っています。猫が苦手な患者さんもいらっしゃると思うので、気を悪くされないといいなと思っております。春に2匹増えた家族に、8月には3匹の赤ちゃんが誕生しました。春だけが発情期だと思っていたので、調べてみると年3,4回あるそうです。甲高い声が聞こえたらそれらしいです。妊娠期間は2カ月ほど、だから3カ月ちょっとで産まれたんだなぁ。ちっとも気がつかなかった。そしてメスは生後6カ月ほどから発情を始め・・・餌の心配がないからこれからも増えていくんでしょうね。お母さんには似ていない模様の子供たち。どういう遺伝のし方をするのかと調べると、複雑ですが白が優勢遺伝らしいなどなど。これからもなれあってはいきませんが、子供に生き物の成長を見せる機会になりました。

| | コメント (0)

2012年7月 9日 (月)

後輩の講演

元日本テレビアナウンサー町亜聖さんの「十年介護について」の講演を聴きに行ってきました。彼女は高校が同じなのですが、三年のとき母親がくも膜下出血になり以後十年介護をし、末期がんにもなり自宅で看取るまでを本にしたそうです。昨年フリーのアナウンサーになって、介護の番組が担当出来て夢が叶ったと話していました。
自身に起こったことはその時だったと、無駄ではなく感謝していると言っていました。自身のことを振り返り話すことは声が詰まりそうですが、そこはプロ、ユーモアと目力で話す姿が印象的でした。
介護と医療の分野に特化するのは、導びかれたとはいえ、ライフワークとして素晴らしいと思います。地元埼玉のために力になりたいとも話していて、これからの活躍が楽しみです。

| | コメント (0)

2012年7月 1日 (日)

朝の散歩

小さいお子様のいらっしゃる患者さんには、運動する時間をどう作ってもらうか課題でした。私はくびれウォークで書いたように、朝散歩をしています。夫の出勤が朝早く、準備中は子供を見れないと言われましたので、エルゴで抱っこで行きます。対面抱きだと後ろ足に意識は出来ますが、背中は反りぎみになるのでスピードは出ません。前傾すると小走りになりますが、骨盤が痛くなりました。ベビーカーだと両手が塞がれて散歩気分にならないです。お子さんがいて大変ですねと言って頂きますが、やりたいと思うからやるんですね。エルゴの耐荷重量20キロまで抱っこ出来るかわかりませんが、続けてみたいと思っています。

| | コメント (0)

2012年6月14日 (木)

子供のアレルギー

子供のよだれかぶれによる湿疹から、小児科と皮膚科を受診しました。全身保湿が重要だということで、日に3回ベタベタと保湿剤をすりこみ続け、ぶつぶつは出にくくなりました。両親ともに花粉症があるので、食物アレルギーも危惧していて、離乳食の開始を遅らせ、卵と牛乳はまだ与えていません。小児科から紹介してもらった皮膚科医によると、2歳になるぐらいまで、白身と牛乳を控えるのは良いとのことでした。最近の有力な学説では、皮膚のバリア機能が低下していると、空気中の小麦や卵の成分が皮膚から入ってしまい、摂取した時にアレルギーを発症するとのこと。内臓機能が未熟なせいだけではなかったのかと、スキンケアの重要性を再認識しました。

| | コメント (0)

2011年3月31日 (木)

災害の後に

地震から3週間が経とうとしています。その後変わりなくおすごしでしょうか。

私は報道番組を観なくなりました。30分のニュースと新聞は読むのですが。どうしても表情が暗くなり、気持ちが沈むので、子供が不安に感じるからです。子供の感受性は豊かなので、小学3年生ぐらいまでの子には震災のテレビを見せないほうが良いそうです。

余震は落ち着いてきたとはいえ、船酔いのようで気持ち悪いですね。私は授乳中で眠りが浅いせいか、今までは寝たら地震には気がつかなかったのに、起きてしまいます。

気分が落ち込むと、免疫機能が落ちるので、風邪をひきやすく、治りにくくなります。

皆様にも体の不調が表れていませんか。

今日さいたまスーパーアリーナに行ってみました。双葉町の方々が騎西高校に引っ越しをした後片付けが行われていました。20日に夫が行ったときには、受け入れ態勢が整って無い状態でしたが、指導者のもと、若者たちがきびきび動いていました。Sa3e0338 壁に「埼玉の皆さん、ありがとう」というメッセージが貼られていました。福島は私のお世話になった土地でもあるので、また折を見て足を運びたいと思います。

| | コメント (0)

2011年3月15日 (火)

地震に負けず

地震お見舞い申し上げます。

とても怖い体験でしたね。生後2カ月の子は動じなかったですが、家族のただならぬ空気を感じてか、不安からの甘えでしょうか授乳が長くなりました。小さな体で必死に生きている姿は、強い生命力を感じます。家族のありがたさ、人とのつながりを再認識します。守るものがあることにより人は強くなり、家族の結束が強くなりました。

買い物に行ってみると、開店前からの行列、ペーパー類に殺到する人、レジに長蛇の列、商品のがらんとした陳列棚、どれも初めて体験することに戸惑いました。みな不安になっているのですね。私は深刻さが足りないのかもしれませんが、家族で冷静に対処していこうねと、話しています。私は今日を精いっぱい生きるだけなので、夫が危機管理担当です。

私のできることは、治療で不調のある方の体と心を良くすること。幸いにも鍼灸は電気を必要としないので、診療は通常通り行っています。山形の地震の時は、福島の鍼灸師仲間がボランティア治療に行きました。避難所で慣れない態勢で、筋肉痛になる人、トイレが不自由で便秘に悩む人等に大変感謝されたと聞いています。今回、福島は被災地ですが、気丈にも治療を続けるとおっしゃっていました。アウトドア用品のモンベルでは、義援物資の送付を請け負ってくれるそうで、これなら自宅に居ながら協力ができそうです。

必ずやこの経験を良い方向にいかしてゆきたいと思います。

| | コメント (0)

2011年3月10日 (木)

交通弱者

最近ベビーカーで電車外出もしてみました。

そうするといろいろ不便なことが出てきます。駅のエレベーターは真新しく、最近設置が進んだのだと感心しますが、駅によって場所がまちまちなので、ホームの端から端まで歩くことも珍しくありません。

デパートのエレベーターは多数階のためなかなか到着しません。1フロアの移動でかなりの待ち時間を味わい、ベビーカーの不便さを痛感しました。

私のベビーカーは海外製のため、駅の自動改が通れませんでした。おかげで毎回人のいるところを「お願いします」と言って通してもらわなければなりません。

電車の中で座った場合のベビーカーの置き場所も困ります。もちろん空いた時間帯の優先座席あたりにしていますが、JRでも特に決まりはないようです。

今まで気にしていなかった、エレベーター使用を前提とした移動方法を、頭で描いてから行動予定を立てなければならないです。もちろん小さなベビーと一緒なので時間も限られますしね。これは経験を積んで、いつか声に出していかないといけないかもしれません。

確かにこんな状況で、人の優しさはとてもありがたく感じます。感謝します。

| | コメント (0)